ceratitle

「口の中の銀歯が目立って気になる」
「差し歯が古くなって、黄ばんできたから美しい白い歯に作り替えたい」
「虫歯があるけど、本物みたいに白い綺麗な歯にしたいんだけど・・」という方はいらっしゃいませんか?

なかもず松浦歯科クリニックでは、体に優しい材料を使用した、美しい白いセラミック歯の治療を行っております。

従来の保険治療と違い、使用する材料に制限がないため、最高品質の材料を使用して長持ちして体に負担のない、美しい白い歯をいれることができます。


hoken

保険治療で使われている金属の歯は、戦後日本の経済状況が悪かった中、歯科治療に用いる材料としてやむなく保険制度で使用することになったものです。

安価ですが、体にはデメリットが大きいものであるにも関わらず、現在でもそのまま改善されることなく保険治療用の材料として指定されています。


ho1

金属の歯が唾液に長期間触れると金属が溶け出し、歯との間に隙間ができて2次虫歯になりやすくなってしまいます。

再治療が多いのは、銀歯が劣化しているからです。


ho2

金属の歯と唾液が触れて金属イオンが溶け出し、金属アレルギーのリスクが高まります。


ho3

金属の歯と唾液が触れて金属が溶け出し、歯ぐきに沈着してメタルタトゥーと呼ばれる黒い入れ墨のような状態になります。

歯茎に金属が沈着すると、除去することができません。


ho4

金属の歯には水銀・パラジウム・鉛などの有害な重金属が含まれています。

金属の歯から金属が溶け出し、肝臓や腎臓に沈着していき、頭痛・めまい・不眠・イライラなどの不定愁訴の原因になります。


ceratitle


ceo1
天然の歯と変わらない、透明感のある美しい白い歯をつくることができます。


ceo2
保険のプラスチック歯は、1年ほどですぐに変色し黄ばんできますが、セラミック歯の場合は永久に変色しません。


ceo3
歯とフィットし、丈夫で劣化しないため、長持ちします。

金属を使わないので溶け出す心配もなく、2次虫歯になりにくいです。


ceo4
金属の歯やプラスチックと比べ、汚れがつきにくいので虫歯・歯周病になりにくくなります。


ceo5
セラミックは体への親和性が高く、金属を含んでいないので金属アレルギーの心配がありません。


cera

なかもず松浦歯科クリニックでは、これらの審美歯科にすべて保証制度を設けておりますので、修理・再製が必要になった場合でも安心です。

ジルコニアセラミック  ~最もオススメ~

オールセラミック

z2
属を一切使わず、すべてセラミックオンリーの歯です。

透明感があり、美しい白さを再現できます。奥歯には使用できないことがあります。

メタルボンド

z3
側が金属、表側にセラミックを貼付けた人工歯です。

従来はセラミック歯というと技術面の理由からこの「メタルボンド」が主流でしたが、最近はジルコニアのほうが人気です。

ハイブリッドセラミック

z4
ラスチックとセラミックを半分ずつ使用したハイブリッドセラミックです。
ジルコニアやオールセラミックに比べ、比較的安価なのが長所です。

短所は、プラスチックが含まれるため強度が劣ることと、やや変色することです。

→セラミック治療の料金表はこちら


 
 
 
 
 



HOME / 医院案内 / スタッフ紹介 / よくあるご質問 / 料金表 / スタッフ募集 / アクセス