「口の中の銀歯が目立って気になる」
「差し歯が古くなって、黄ばんできたから美しい白い歯に作り替えたい」
「虫歯があるけど、本物みたいに白い綺麗な歯にしたいんだけど・・」という方はいらっしゃいませんか?

なかもず松浦歯科クリニックでは、透明感のある白いセラミック歯による治療を行っております。


hoken

保険治療で使われている金属の歯のリスクをご説明します。

金属の歯が劣化し、2次虫歯になるリスク

金属の歯が唾液に長期間触れると金属が溶け出し、歯との間に隙間ができて2次虫歯になるリスクがあります。

金属の歯が溶け出し、金属アレルギーのリスク

金属の歯と唾液が触れて金属イオンが溶け出し、金属アレルギーのリスクがあります。

金属の歯が溶け出し、歯茎に金属が沈着

金属の歯と唾液が触れて金属が溶け出し、歯ぐきに沈着してメタルタトゥーと呼ばれる黒い入れ墨のような状態になります。

歯茎に金属が沈着すると、除去することができません。

金属が溶け出し、内臓に重金属が沈着するリスク

金属の歯には水銀・パラジウム・鉛などの有害な重金属が含まれています。

金属の歯から金属が溶け出し、肝臓や腎臓に沈着するリスクがあります。
重金属が蓄積すると、頭痛・めまい・不眠・イライラなどの不定愁訴を訴えることがある、といわれています。





ceo1
天然の歯と変わらない、透明感のある美しい白い歯をつくることができます。


ceo2
保険のプラスチック歯は、1年ほどですぐに変色し黄ばんできますが、セラミック歯の場合は半永久的に変色しません。


ceo3
歯とフィットし劣化しにくいため、長持ちします。

金属を使わないので溶け出す心配がないので、2次虫歯のリスクが低くなります。

金属アレルギーのリスクが低い

ceo5
セラミックは金属ではないので、金属アレルギーのリスクが低いです。



なかもず松浦歯科クリニックでは、これらのセラミック治療にすべて保証制度を設けておりますので、修理・再製が必要になった場合でも安心です。

ジルコニアセラミック

z1
工ダイヤモンドと呼ばれるほど、強度に優れたセラミックがジルコニアです。

審美性・強度・耐久性に優れているため、奥歯やブリッジにも使用できます。

オールセラミック

z2
属を一切使わず、すべてセラミックオンリーの歯です。

透明感があり、美しい白さを再現できます。奥歯には使用できないことがあります。

メタルボンド

z3
側が金属、表側にセラミックを貼付けた人工歯です。

従来はセラミック歯というと技術面の理由からこの「メタルボンド」が主流でしたが、最近はジルコニアのほうが人気です。

ハイブリッドセラミック

z4
ラスチックとセラミックを半分ずつ使用したハイブリッドセラミックです。
ジルコニアやオールセラミックに比べ、比較的安価なのが長所です。

短所は、プラスチックが含まれるため強度が劣ることと、やや変色することです。

→セラミック治療の料金表(自費診療)はこちら








HOME / 医院案内 / スタッフ紹介 / よくあるご質問 / 料金表 / スタッフ募集 / アクセス