PCR検査と歯科医師 |なかもず松浦歯科医院

PCR検査と歯科医師

こんにちは、松浦歯科クリニック歯科医師の後藤田です。

新型コロナウイルスの感染拡大が広まり、世の中は外出自粛となっております。皆さんも、つらい毎日をお過ごしのことと思います。
『STAY HOME』がキーワードとなり、お家で過ごすことが多いと思います。ずっと家で過ごさなければならないということは、結構苦痛であると思います。
しかしながら、まったく外出をしてはいけないわけではありません。マスクを着用して、人の多くない場所を散歩することは決して悪いことではありません。どこかでは息抜きが必要です。決して無理のなさらないようにしてください。

さて、新型コロナウイルスについて、よく出てくる言葉に『PCR検査』というのがあります。今回は、PCR検査について、お話をさせていただきます。

遺伝子について

PCR検査のお話をする前に、知らなければならないことがあります。それは、遺伝子という言葉です。今までに一度は遺伝子という言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか。

全ての生物には、遺伝子があります。遺伝子には、たくさんの情報が組み込まれています。同様の言葉として、DNAやRNAというものもあります。DNAも一度は聞いたことがあると思います。刑事ドラマでよく出てきますね。犯人を特定するのによく用いられます。
これらは実際は何なのか、ご存知でしょうか。

遺伝子とは、それぞれの生物の形や特徴を決める情報のこと。目に見える形というわけではありません。あくまでも情報であり、データのようなものです。
そして、DNAは遺伝子が組み込まれているものです。遺伝子という情報が保存されている箱のようなものと考えてください。
RNAはDNAの親戚のようなものです。
そのDNAは細胞の中にある核に含まれる染色体と呼ばれるものの中にあるのです。

生物によって、DNAがあったり、RNAがあったりします。しかしながら、この中には遺伝子と呼ばれる情報が組み込まれているのです。

少し難しいでしょうか。

人間で話をすると、こどもが生まれるためには、お父さんの精子とお母さんの卵子がくっついて子供の受精卵が作られます。人間の細胞には、DNAの二重らせん構造といいまして、DNAが2本から待っているのです。お父さんのDNAとお母さんのDNAが合体して、子供が作られます。子供には両親のDNAがくっつくのです。その中にある遺伝子と言われる情報によって、まずは人間の形が作られます。そして、お父さんの特徴やお母さんの特徴がこどもに現れます。

親子鑑定?犯人特定?

遺伝情報が含まれる遺伝子は、様々な情報があります。
例えば、男性を示す遺伝子、人間を示す遺伝子などなど。そして、その個人にしかもっていないような遺伝子などもあります。
遺伝子は共通するものもあります。しかしながら、その人それぞれ、遺伝子は違います。

共通するものを比較すると、親子であるか、兄弟姉妹であるかなどのことが分かります。
その人それぞれの遺伝子であれば、犯人を特定することが可能なのです。

全て、DNAを照合することによって調べることができるのです。

それではPCR検査とは?

さて、ようやくPCR検査のお話をします。
簡単に言うと、PCR検査とは、さっき話したDNAを照合する検査なのです。皆さんがイメージするDNA検査のことなのです。
DNA検査にはさまざまな方法があります。その方法のうちの一つがPCR法というものです。

細胞は目に見えません。その小さなものの中に含まれているDNAは本当に小さなものです。数も少ないですので、ある程度の数がなければよくわからないのです。
DNAの数を増やして、その中にある遺伝子を調べることによって、正確に調べることができます。その方法をPCR法といいます。

新型コロナウイルスのPCR検査

鼻の奥のほうにある粘膜を綿棒のようなものでぬぐい取ります。
その中にあるものを調べます。鼻の粘膜や様々なものが一緒に取られるのです。
そして、それらのものをPCRという方法を用いて、DNAを莫大な数にへと増やすのです。増やしてから、DNAの中にある遺伝子を調べます。
調べたときに、新型コロナウイルスにしかない遺伝子が発見されれば、陽性となるのです。

PCR検査を受けるには

まずは、かかりつけのお医者さんを訪ねてください。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の症状があり、感染している疑いがあれば検査を受けることができます。
また、不安なことがあれば保健所(帰国者・接触者相談センター)にご相談ください。

歯科医院とPCR検査

先月、厚生労働省より、歯科医師によるPCR検査を時限的かつ特例的に認めるという報道がありました。実際、厚生労働省より通知はございました。
これは、医師の指示によりPCR検査をするのですが、検査をする前に検体を採取する必要があります。鼻の奥の粘膜を綿棒のようなものでぬぐい取らなければならないのです。それを歯科医師がすることを認めるということなのです。
歯科医院でPCR検査をしてもよいということではなく、歯科医師が医師の指示のもとで検体採取をしてもいいということなのです。
ですので、歯科医院でPCR検査ができるというわけではございません。

まとめますと・・・

・遺伝子は、DNAの中にある情報
・個人を識別する遺伝子がある
・生き物の種類を特定する遺伝子がある
・PCR検査とは、DNAを爆発的に増やして遺伝子を調べる検査
・新型コロナウイルスのみ持つ遺伝子を調べる
・歯科医師は医師の指示のもとでPCR検査を行う
・歯科医院ではPCR検査を行えない

緊急事態宣言の延長により、皆さんの生活も大変であると思います。この一日一日をどう過ごすかによって、皆さん一人ひとりの力によって、感染拡大を防ぐことができます。あともう少しです。一緒にこの危機を乗り越えましょう!

また、歯科医院への受診も不要不急かもしれないと控える方も多いと思います。
しかし、不要かどうかの判断は難しいですので、不安であれば一度ご連絡ください。不要不急かどうかの判断は、歯科医師が行わせていただきます。遠慮は不要ですので、いつでもご連絡をお待ちしております。

  にほんブログ村 健康ブログ 歯磨き・歯の健康へ にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ







HOME / 医院案内 / スタッフ紹介 / よくあるご質問 / 料金表 / スタッフ募集 / アクセス