si6

シーラントとは、虫歯になりやすい生えたての奥歯などの溝をプラスチックでコーティングし、虫歯になりにくくする処置のことです。

シーラントをする際は、虫歯菌を除去してから溝を封鎖することが大切です。
当院では、ヒールオゾンまたはYAGレーザーによる無菌化処理をしてから、シーラントを行っています。


si2

シーラントは、奥歯の溝など形が複雑で歯ブラシの先が行き届かないところに行う処置です。

特に、生えたての永久歯は柔らかく、形も複雑で虫歯になりやすいため、生えたら早めの処置をおすすめしています。

・奥歯の乳歯
・生えたての永久歯(6歳臼歯)
・生えたての前歯(裏側の溝)


シーラントは、口を一定時間開けていられるお子さんが対象です。

あくまで予防処置ですので、嫌がるのに無理にする必要はありません。

するのが難しい子は、フッ素塗布がおすすめです。

silant

1.歯面清掃

si6
用の機械により、歯の表面の汚れや歯垢をクリーニングします。
yajirusi

2.無菌化処理(必要な場合)

laser
院では、必要な場合ヒールオゾンまたはYAGレーザーを使用し、歯の表面を無菌化する処理を行っています。
yajirusi

3.シーラント

si5
ラスチックのシーラントを奥歯の溝に注入し、光で固めて完了です。

当院では、歯の石灰化を促すフッ素が含まれたシーラントを使用しており、虫歯予防効果を高めています。


si3

1)シーラントは半永久的に持続するものではなく、歯ぎしりや強く噛む事によってとれてしまうことがあります。(とれてもまたシーラント処置を行えば問題ありません)

2)シーラントは奥歯の溝からの虫歯に対してのみ予防効果があります。
歯と歯の間や歯と歯ぐきの間からの虫歯には対処できません。

3)すでに虫歯がある歯にはシーラントはできません。
C1程度の溝に出来た虫歯をドックベストセメントを塗って進行を抑える方法もあります。

*ドックベストセメントは、保険外治療で1歯に付き5000円
(同じ歯に繰り返し行う場合は2回目以降1回3000円)


 
 
 
 
 



HOME / 医院案内 / スタッフ紹介 / よくあるご質問 / 料金表 / スタッフ募集 / アクセス