yoboutitle
「歯医者に行くと、歯を削られる」「歯医者は痛いところだ」と思っていませんか?

松浦歯科は、開業当初から予防歯科に力をいれており、できるだけ「歯を削らない」「歯を抜かない」診療を心がけています。

予防歯科では、虫歯にならない・歯周病にならないための予防を積極的に行っていきます。

悪くなってから歯医者に行くのではなく、定期的にお口のケアを行って予防していきましょう!


teiki2

koukai
PRESIDENT誌がシニア1000人にアンケートをとったところ、老後の後悔の第1位は「歯の定期健診を受けていたらよかった」だそうです。日本人80代の平均残存歯数は8.9本で、ほとんどの方が入れ歯をしている入れ歯大国です。
入れ歯になると、かむ力が天然歯の1/10以下になってしまうため、満足に食事を楽しむことができません。

不自由な入れ歯によって食事の楽しみが奪われてしまうのは、リタイア後の生活にも大きく影響を及ぼしてしまうのですね。


zensin

sisyuzensin
年、虫歯と歯周病が歯原性菌血症を引き起こすリスク要因であることが確認されています。歯原性菌血症とは、口の中の傷口(虫歯や歯茎の炎症部)から血管内に細菌が侵入する現象で、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病、肺炎、腎炎、アルツハイマー症、早産など全身の様々な疾患に関与していると考えられています。

虫歯・歯周病を予防することは、これら全身疾患を予防することにつながるのです。


nihon

irebataikoku
ウェーデンでは定期健診受診率が90%以上なのに比べ、日本では、予防歯科に定期健診を受診する方はわずか2%以下しかいません。

アメリカでも80%の国民が受診しており、他の先進諸国も70%以上の定期検診受診率が一般的です。

日本人は定期健診の習慣がないため、悪くなってから歯医者に行き、手遅れで歯の神経を抜いたり抜歯になるケースが後を立たないのです。

okuti

yoboueisei
期健診で歯のメンテナンスを行っていく事で、悪くなる前に予防でき、その結果、歯の寿命がのび、全身疾患のリスクを予防し、将来かかる医療費も節約できます。

実際、歯が丈夫でしっかり食べられるお年寄りの方は、頭もしっかりしていて体もとても元気な方が多いです。

ぜひ、予防歯科の定期健診を受けられることをおすすめします。


yoboukensin

1.予防メンテナンス専用チェアを用意しています

este
防歯科・定期健診時の歯のお掃除のために、予防メンテナンス専用チェアを用意しています。

普段の診療用ブースより奥にあり、半個室空間で受けられますので、リラックスしていただけますよ。

2.国家資格を持つ歯科衛生士がお口のメンテナンスを行います

eisei2
浦歯科では、歯科衛生士が予防のためのお口のメンテナンスを行っています。

歯科衛生士は、歯科助手とは違い、歯科衛生士専門学校を卒業して国家試験に合格しないと取得できない国家資格です。

松浦歯科では歯科衛生士が常駐していますので、みなさまのお口のメンテナンス(歯石除去・フッ素塗布・歯磨き指導など)を行っています。

3.鶴見大学歯学部附属病院除菌外来と連携

turumi
院では、鶴見大学歯学部附属病院除菌外来のシステムを基に予防歯科プロジェクトを行っています。

予防歯科を通じて、みなさまの全身の健康管理をいたします。

4.最新予防技術「3DS」を取り入れています

3ds
院では、従来の虫歯予防、歯周病予防に加えて、最新予防技術「3DS」を取り入れております。

3DS (Dental Drug Delivery System)とは、虫歯や歯周病の原因菌に対して薬剤を直接作用させることで、虫歯や歯周病の原因菌を減らす新しい予防法で、虫歯や歯周病の予防のみならず、歯原性菌血症の予防にもつながります。

【3DSの流れと費用】

1)20分無料カウンセリング

2)

3)

費用:


 
 
 
 
 



HOME / 医院案内 / スタッフ紹介 / よくあるご質問 / 料金表 / スタッフ募集 / アクセス