hel
口唇ヘルペスは歯科医院でも治せることをご存知ですか?

口唇ヘルペスとは?

he2
唇ヘルペスとは、単純ヘルペスウイルスに感染し、疲労・ストレス・紫外線・老化など免疫力が落ちたときに発症する病気です。単純ヘルペスウイルスには1型と2型の2種類あり、1型は唇・顔面などの上半身に水泡・びらんなどを発症します。
2型は性器を中心とする下半身に主に発症し、性感染症といわれています。

単純ヘルペスウイルスが感染力がとても強く、誰しも子供のうちに感染しているといわれています。
免疫力が高い状態では発症しませんが(不顕性感染)、ウイルスは神経細胞内に潜伏し続けており、ストレスなどで免疫力が落ちると大人になって発症する方がとても多い病気です。

口唇ヘルペスの症状

he3
型では、口の周りに水泡やびらんができます。始めに「ピリピリ・チクチク・ムズムズした感覚」があり、その後赤く腫れてきます。
2、3日後に水ぶくれができ、約1週間後かさぶたができ治っていきます。

*症状が出ている間は感染力が強い状態ですので、タオルなどの共有は避けましょう。

はしかや風疹の場合は1度感染すると抗体ができ2度とかかることはないといわれていますが、口唇ヘルペスの場合は何度も再発するのが特徴です。

口唇ヘルペスの治療

ui唇ヘルペスの治療は、ウイルス感染によるものですので、抗ウイルス薬の軟膏を塗る治療を行います。
(自己流でステロイド薬や市販の軟膏を塗ることは悪化しますのでおすすめしません)

発症したら早めに抗ウイルス軟膏を塗ったり薬を服用すると、症状を抑えられ、すぐ治ります。

何度も発症を繰り返してくると、「あ、また出てきそうだな・・」という感覚がわかる方もいるでしょう。早めの受診・治療をおすすめします。

口唇ヘルペスは歯科医院でも治療できます

ui2唇ヘルペスは皮膚科以外に歯科医院でも治療できます。

松浦歯科クリニックでも口唇ヘルペスの治療を行っております。
バラシクロビル錠・ビダラビン軟骨の2種類のお薬を当医院受付で処方可能です。(薬局に取りに行く必要がありません)

皮膚科でヘルペスの診断を受けているが、その都度薬もらいに行くだけに、待たされる様な面倒な事が解消されます。
(当院ではネット予約も可能です)

もしかして口唇ヘルペスかも?と思ったら、お早めに受診ください。


 
 
 
 
 



HOME / 医院案内 / スタッフ紹介 / よくあるご質問 / 料金表 / スタッフ募集 / アクセス