子供の歯科治療 歯医者に楽に通わせるコツとは? |なかもず松浦歯科医院

子供の歯科治療 歯医者に楽に通わせるコツとは?

こんにちは、松浦歯科クリニック歯科医師の後藤田です。

今回は、子供の歯科治療についてお話しします。

大人になっても、歯科治療は怖いものです。自分のお口の中を治療されるということは、見えないところを触られるということになり、これが一番の怖い原因なのです。ましてや、子供になると恐怖以外のなにものでもないと思います。
それでは、そのような子供の歯科治療はどのように行うのでしょうか。

歯科治療に慣れてもらう

虫歯治療を初めて行う子供にとっては、まだ怖いという感覚がありません。ですので、それを利用して歯医者さんは怖くないというのを身につけてもらいます。
まずは、削らないことからスタートします。はじめは歯科衛生士が担当します。虫歯予防のフッ素を塗ったり、歯磨きの練習をしたり、歯のお掃除をしたりします。
次に、虫歯治療の練習として、実際に治療で使うものに触ってもらいます。触ってもらって痛くないというのを感じてもらいます。そして、器具をお口の中に入れる練習をします。歯を削るタービンや水を吸うバキュームなどを入れさせてもらって、怖くないと感じてもらいます。この時、タービンには歯を削るドリルは付けませんので、水が出るだけです。
ここまでして大丈夫であれば、一番小さな虫歯から治療していきます。1本治療し、全然痛くないということが分かれば、次からはスムーズにいきます。

お兄ちゃんやお姉ちゃんを手本に!

お兄ちゃんやお姉ちゃんがいる方であれば、一緒に来てもらいます。まずはお手本としてお兄ちゃんやお姉ちゃんが治療してもらっている姿を見せます。そして、頑張れた姿をみてもらい、自分も出来そうと思ってもらいます。

子供は大人の真似をするということが多いですよね。自分より大きな人で、身近な人はお兄ちゃんとお姉ちゃんです。良い見本を見せて、しっかりと真似してもらいましょう。
ただし、お兄ちゃんお姉ちゃんが歯科治療を嫌がっている場合には使えません。その場合は、離す事になります。

頑張ったらご褒美を!

頑張った子供ちゃんには、ご褒美を準備しています。松浦歯科クリニックでは、1回頑張って通ってもらうと、『ガチャ券』を1枚渡しています。3枚集めると『ガチャガチャ』を1回することが出来ます。ガチャガチャは男の子用と女の子用を準備しており、色んなものを準備しています。これをするために、みんな頑張って通ってくれています。

駄々をこねたらバツも・・・

今日は機嫌が悪くて、治療できなかった。そんな日もありますよね。一切治療できなかった時には、ガチャガチャの券はお渡しできません。
きちんと頑張ったらガチャガチャの券をもらえると認識してもらい、治療に積極的に参加してもらえるようにしてもらいます。

お母さんと離れてみるのも大切!

歯科の世界では母子分離という言葉があります。お母さんと一緒に診察室に入って、一緒に歯科治療をうける子供が大半です。スムーズに治療を受けてくれるようであれば一向に構いません。しかし、駄々をこねたりワガママを言ったりする子供もいます。

多くの場合は、お母さんに甘えてしまって駄々をこねてしまいます。その場合、お母さんには待合室で待ってもらうこともあります。お母さんと離れると、子供は駄々をこねたりワガママを言わなくなる場合があります。保護者さんの同意の下で行います。

叱ることも大切!

誰だって叱ることはしたくないですよね。お父さんお母さんも叱りたくて叱っている訳ではないと思います。私たち歯科医師も、出来れば叱りたくはありません。

しかしながら、ワガママを言って治療をさせてくれない場合は、叱ることも重要なのです。歯を治すときにはちゃんとしておかないといけないという意識を身につけることによって、スムーズに治療を行うことが出来ます。
私達は、感情で叱ることはありません。全て演技です。そのことを保護者の方にはご理解頂ければ幸いです。

緊急手段として

最終手段として、抑え付けて治療を行う場合があります。今日はここまで治療しなければ痛みが出てしまう場合、緊急処置が必要な場合など、治療を先延ばしにすることが出来ない場合、保護者の方の協力のもと、スタッフがお子さんの身体を抑え付けて治療します。しかしながら、これは最終手段です。出来るだけ歯医者さんは怖くないという気持ちを持ってもらいたいのです。

病院歯科への紹介

多数の虫歯がある場合、一気に治療を行いたいですよね。そういう時には、大学病院の小児歯科へご紹介します。全身麻酔下での集中治療を行うことが出来ます。1泊入院が必要な場合もあります。麻酔の種類や量にもよります。詳しくは、病院にてご相談下さい。

子供の言う『痛い』とは

子供の脳の発達は、大人と比べるとまだ劣っているのはご存知だと思います。ですので、子どもの表現の発達もまだ途上段階であります。よく子供が治療中に『痛い』と言います。

実際に痛みを感じた時に当然発せられる言葉です。歯科医師からすれば、ここを触れば痛いだろうというのは分かります。しかしながら、水を吸っただけでも『痛い』というお子さんも多数いるのです。

実は、子供は恐怖を感じた時に「怖い」ではなく『痛い』という場合が結構あります。嘘をついている訳ではありません。表現が出来ないのです。これは、脳が発達途中であるので仕方ないのです。私達は、このことを踏まえて治療に臨んでいます。

松浦歯科クリニックでは、子供の歯科治療において様々な方法を駆使して行います。一見普通の治療のように見えて、様々なことを行なっています。円滑な治療のため、保護者様のご理解の程、宜しくお願い致します。
また、ご不明な点がございましたら、いつでもご相談ください。

  にほんブログ村 健康ブログ 歯磨き・歯の健康へ にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ







HOME / 医院案内 / スタッフ紹介 / よくあるご質問 / 料金表 / スタッフ募集 / アクセス


予約なしで最終受付時間までにお越しになられた患者様は、予約に空きがありました場合ご案内させていただきます。
予約時間に遅れてお越しの患者様は、治療時間が短くなることをご了承ください。