出産すると歯が弱くなるってほんと!?

“出産すると、赤ちゃんにカルシウムをとられるから歯がボロボロになる…”

なんてこと一度は聞いたことありませんか?これは昔からよくいわれている言い伝えです。

実際に妊娠期や授乳期に歯を悪くしてしまう女性は多いのです。
しかし、それは決して赤ちゃんが原因…という訳ではありません。

本当の原因は実はほかにあるんです。では一体何が原因なんでしょうか?

今回は歯を悪くする原因についてお話したいと思います。

出産で歯が弱くなる!?

まず考えられる1つめの原因としては、つわりで歯ブラシがおろそかになる時期がある方がおられます。

内側に歯ブラシが当たると気持ち悪くなる、歯ブラシを口に入れただけで吐きそうになる…等、つわりの症状は人それぞれで、経験されたことのある方もいらっしゃるかと思います。

それにお腹が大きくなってくると、胃が圧迫されて一度にたくさん食べられないため、
間食が増えたり、ちょこちょこ食べる機会が増えてしまいます。

その度に口の中の菌は栄養がもらえるので大よろこび!!というわけで、むし歯のできやすい環境をつくっていることになるのです。

もう1つ考えられるのは、妊娠中さかんに分泌される
ホルモン
です。
このホルモンは歯周病菌にとって大好物なんです。
妊婦さんの歯ぐきの溝の中で歯周病菌が活発になるため、
歯周病になりやすい環境
でもあるのです。

とはいうものの、つわりがあって大変な時期をすごされている方に“絶対に歯みがきをしてください”とか“間食はやめてください”というわけにはいきません。

この時期は本当に辛くてしんどいんです!決して病気ではないとはいえ、つわりのきつい方にとっては本当に大変で長く感じられる時期なのです。

妊婦によって歯の状態に差がでるのはなぜ?

ではこういうとき、妊婦さんによって歯の健康に大きく差がでてしまうのは何なのでしょう?

それは、妊娠する前から
歯医者で定期的に検診を受けてきたか?きちんと予防処置をしていたか?
ということなんです!

普段から口腔内環境がうまくコントロールされていて、細菌が大暴れしにくい状態かどうかが大切です。

定期的に検診をうけていればつわりで歯みがきができない時も、普段のお口の状態を知っている歯科衛生士に相談してくだされば、“では、こういう方法はどうですか?”とご提案させていただくことも可能なのです。

そしてもう1つ大切なのは、
出産後のケアと赤ちゃんの歯の相談もできること
です。

出産後は赤ちゃんに手がかかってしまい、自分のことはおろそかになりがちです。

お母さんが歯の予防処置をきちんとされていると、むし歯菌は赤ちゃんに移りにくいですし、赤ちゃんに歯が生えてきたら一緒に予防処置を受けることもできるのです。

私たち歯科衛生士はこういったことへのアドバイスや手助けをさせていただくことも可能ですし、いざというときに新しい歯科医院へ行って不安を抱くよりも、慣れ親しんだ歯医者さんで気軽に相談できる場所をつくっておくためにも、ぜひかかりつけの歯科医院をつくっておくことをおすすめします。

当院では、新患さんにも安心してお受けいただけるように対応させていただきますので、安心してお気軽にお越しください。

  にほんブログ村 健康ブログ 歯磨き・歯の健康へ にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ

 
 
 
 
 



HOME / 医院案内 / スタッフ紹介 / よくあるご質問 / 料金表 / スタッフ募集 / アクセス